このページを評価してください:
フィードバック (随意):


幸福の5類型



この表は:
  • 何があなたを不幸せにしているかを見つけ出します。
  • どうしたらあなた自身をより幸せにできるかを説明しています。
  • …さらに、人間の行動の多くを説明しています。
肉体性 意識性 心性 精神性 神性
- 感覚とのつながり - 自己とのつながり - 愛するものとのつながり - 属する集団とのつながり - 一体感とのつながり
「幸せ」を感じるために必要なこと: 積極的な感覚 積極的な自己像

(自己認識、自我、自制)
積極的な関係 積極的な無私の貢献/無私の思いやり 積極的な一体感

存在しない(「ある」ことのなさ)、無私で無条件の、すべてに対する愛

完全無欠の 無条件の愛 (すべてを同時に愛する)
方法: おいしいものを食べる、運動する、睡眠をとる、楽しい触れ合いをする等 より豊かだと感じる、より自由だと感じる、より多く支配している、または地位があるように感じる。また、違う枠組みからとらえる、前向きに考える あなたを愛する人を見つける/愛する人を見つける/愛する何かを見つける/あなたを愛する何かを見つける/近しい友人をつくる/ペットを飼う/感謝日記を付ける 助けたい対象への無私の奉仕活動/ 無私の慈悲心/ なすべきことに完全に身をささげる 実践 :)

無私、すべてに対する無条件の愛(それほどニューエイジ的なことではなく、小さなことから始めてみて、焦点を広げていく)
肯定的な感情: 満ち足りている、 落ち着いている、興奮している等 満足。良い意味で他人と比較する、唯一無二のものである、 「誰かである」、 将来に対してわくわくする等 感謝、献身、 「愛している」という実感等 (無私/内にある自分を無くす)喜び (「ある」ことのなさ/内にあるすべてを無くす)「一体感を愛する」
否定的な感情: 空腹感、疲労感、肉体的苦痛、差し迫った危険、体調が優れない等。 悪い意味で他人と比較する、「誰でもない」、将来への不安等。 愛されていない。
入り方: 感覚への意識が大切だろう。 自意識が大切だろう。 愛するものへの意識が大切だろう。 属する集団への意識が大切だろう。 一体感への意識が大切だろう。
実感: 自己とのつながりが、時々 感覚とのつながりをしのぐ = 自我/自己認識/自制が、 良い感覚をしのぐ 愛するものとのつながりが、時々自己とのつながり( 自己認識/自制)をしのぐ 属する集団とのつながりが、時々 愛するものとのつながりをしのぐ 一体感とのつながりが、時々属する集団とのつながりをしのぐ
満足させるための嘘: 私の感覚とのつながりが、すべてである。 私の自己とのつながりが、すべてである。 私の愛するものとのつながりが、すべてである。 私の属する集団とのつながりが、すべてである。 私の一体感とのつながりが、すべてである。
愛: 無し。 私は愛されている。 私は愛し、愛されている。 私は愛する。 私が愛である。
存在: 私は存在する 私は存在しない
エゴ: エゴがある エゴがない
存在からエゴへ エゴがある 「愛を受け取る」側としてのエゴ エゴがない エゴのなさから、「ある」ことのなさへ
交換媒介: 感覚 自己像 関係 無私の貢献 一体感


あまりに当てはまらない類型があるとしたら、あなたは不幸せだと感じていることでしょう。多くがそうだった場合、人生において何かを変えざるを得ないということです(でもあなたは何をすべきかわからないでしょう)。
「肉体性」に近くなるほど、人は変化に対してより敏感になります。


Contact me | Back to writing